本の感想、投資、仕事、転職等のブログ

本の感想、投資、転職等について

昭和16年夏の敗戦(本の感想)

ざっくりした内容は以下。

・開戦前、当時の政府首脳陣がどのように戦争を決定していったか。

・そして、若手のエリート官僚による、ほぼ史実を読み切った戦争推移予測。

 

この本のテーマの一つは、日本的な意思決定の話だと思う。

頭では分かっていても、雰囲気/過去のしがらみからは、逃げられない。

当時の政府首脳陣は、戦争に勝てると思っていなかったが、

戦争を決定した。周囲の大きな流れには逆らえなかった。

日本の企業/政府/組織は、大体同じでないだろうか。

 

自分を振り返っても、論理ではなく空気読んで決める

意思決定してきている部分は多々ある。反省。。。

とても面白く読みやすい本。 

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)

昭和16年夏の敗戦 (中公文庫)